サインツールをMT4に導入する方法

サインツール

サインツールは基本的にMetaTrader4(MT4)にセットして表示させるのが一般的です。

今回は、例としてMihri_Signを導入する方法を解説します。

その前にMT4をまだお持ちでない方はこちらからダウンロードしましょう。

今回は私が使っているXMのMT4のリンクを掲載しますね!

XMTrading MT4 Windows版

XMTrading MT4 Mac版

ログインするデモ口座も必要なので登録しましょう。

XMデモ口座作成はこちら

ちなみに私はiPadとスマホで見たいのでVPSを借りています。

VPSはお名前.comのFX専用VPSがオススメです!

自分のPCで見るならVPSは不要です。

じゃあ、早速本題に入りましょう!

まず、サインツールやインジケーターを
ファイル → データフォルダ → MQL4 → Indicators
の中にコピーします。

MihriSign.zipを解凍したら出てくる「Mihri_Sign.ex4」「GMMA.ex4」ですね。

そして定形チャートのテンプレートがある場合は、

データフォルダ →  templates

 の中にコピーしMT4を再起動。

MihriSign.zipを解凍したら出てくる「Mihri_Sigh.tpl」ですね。

あとは、

チャートの上で右クリック → 定形チャート → Mihri_Sign

を選択するとチャートが完成。

*通貨ペアを増やすたびにこの設定をします。