MACDとは

未分類

今回はMACD(マックディー)ついて解説していきます。

MACDはバイナリーオプションをしている人の中でも

最も多く使われているインジケーターなので

どのような特徴があるのか必ず抑えておきましょう!

なんかすごくかっこいい名前ね。最も多く使われているみたいだけど、私聞いたことなかったな…

大丈夫です!始めは誰もが初心者からのスタートなので気にすることありませんよ!

まずはMACDの意味について見ていきましょう。

MACD(マックディー)とは?

MACDとはMove Add Change/ Deleteの頭文字4文字を取ったもので、

「移動平均収束/発散」を意味しており「移動平均収束拡散手法」と呼ばれています。

MACDは短期の移動平均線と中長期の移動平均線を使用することで、

買いと売りを判断していきます。

トレンドの形成時に威力を発揮するため、ボックス相場※には弱いのが特徴です。

※ボックス相場…箱の中に入ってしまったかのように、高値と安値が一定の範囲内(レンジ)を行き来している状態

主にMACDとMACDシグナルという2本の線を使用し、

交差を売買タイミングとして用いられ、初心者でもシグナルの発見が容易になっています。

初心者にも分かりやすいシグナルを出すインジケーター なのね!

そうなんです!そして「ヒストグラム」を使えばさらに相場を見やすくなります!

ヒストグラムはMACD ーMACDシグナルを引いて表示されるので、より売り買いがしやすくなると思いますよ!

MACDの主な2つの使い方

それではMACDの使い方について解説していきます。

①価格の変化に敏感なMACDラインが、緩やかに反応するMACDシグナルを下から上に上向いたとき(買いシグナル)

②MACDラインがMACDシグナルを上から下に突き抜けたとき(売りシグナル)

ちなみに「買いシグナル」地点をゴールデンクロスといい、

「売りシグナル」地点をデッドクロスと呼びます

一般的にゴールデンクロスで買いデッドクロスで売る、というのが主流です。

MACDはもともと移動平均線をベースに開発されているため、

誤差が小さいと言われています。

そのため相場の転換をより早く判断することができ、

エントリーポイントを見逃しにくいのが特徴です。

MACDが生み出すサインを逃さないようにチャートがどのように動くか注目しておく必要があるわね

そうですね!早く判断ができるからこそ、素早くエントリーを決めなければなりません!

ゴールデンクロス、デッドクロスはとてもチャンスですので見逃さないようにしましょう!

いかがでしたでしょうか?

ワンテンポ早く仕掛けることができるため、

人気の高いテクニカル指標ということが分かっていただけたと思います。

MACDを使用して、有利な売買取引を展開できるようにしていきましょう!