【ツール無料配布!】GMMA(複合型移動平均線)とは?

インジケーター

私がいつも使っているGMMAを紹介したいと思います。

MT4のデフォルトには入っていないので、

記事の下の方でGMMAを無料配布しているのでGETしてね!

GMMAとは?

GMMA(複合型移動平均線)とはGuppy Multi Moving Averageの略で、

Daryl Guppyさんが開発したツールです。

12本の指数平滑移動平均線(EMA)を表示することでトレンドをビジュアル的に把握できるテクニカル指標です。

3・5・8・10・12・15の6本のEMA(短期グループ)と30・35・40・45・50・60の6本のEMA(長期グループ)の12本でを表示させて分析します。

GMMAの基本的な使い方

GMMAを使ってトレンドの強さを分析する方法を見てみましょう。

まず、12本のEMAを6本ずつのグループに分けて考えます。

  • 短期線(ピンク) : 3・5・8・10・12・15の6本のEMA
  • 長期線(緑)   : 30・35・40・45・50・60の6本のEMA

簡単に分類すると、

  • 短期線が上、長期線が下なら上昇トレンド
  • 短期線が下、長期線が上なら下降トレンド
  • 短期線と長期線が絡まりあっていればレンジ相場

と見ることができます。

そして、短期線と長期線の間のスペースの広さも大切です。

  • スペースが広い → トレンドが強い
  • スペースが狭い → トレンドが弱い

と、トレンドの強弱を分析することもできます。

バイナリーオプションでGMMAを使用する方法

では、バイナリーオプションでどうやってGMMAを活用するのがいいでしょうか?

私が有効だと思っているのは、

エントリー前に自分の手法にあったトレンドになっているかを確認するのに使用しています。

例えば、MihriSignを使ってトレードする時は、

「行き過ぎた相場の反発」を狙っている手法なので、

GMMAが絡まっていなくて間にスペースの空いているくらいのトレンドのはっきりした相場だけ入ります。

レンジ相場だと本来の使い方と異なるのでスルーするようにしています。

逆に、レンジ相場を狙った手法だと、GMMAが絡まっている時が有効になってきますね!

GMMAを無料配布します。

GMMAはMT4に入っていないのでこちらからダウンロードしてご利用ください。

GMMAのダウンロードはこちら

設定方法は

ファイル→データフォルダ→MQL4→Ingicator

に入れてください。

公式LINEはこちら